転職活動をする時は、期限を区切ってやるのが吉!


転職活動というのは、必ずしも成功するとは限りません。
そのため、何度も選考に落ちてしまうことも考えられます。

その時、もし前職を退職していなければ、そのまま仕事を続けるという選択肢もできますよね。

転職活動で一番やってはいけないことが、期限を決めずに成功するまで転職活動を続けることです。
転職活動を続けることがNGなのではなく、ただ何となく続けることがNGなのです。

では、それを避けるためにはどうしたらよいのでしょうか。

転職活動をスタートさせる間に下準備をしっかりする

転職活動の根幹を支えてくるのは、動機が明確ではっきりしていることと、それに志望動機が結びついていることです。

そのためには、自己分析をしっかり行い、志望企業についても下調べをしておかなくてはいけません。

企業の下調べが不十分なまま面接に至った場合、付け焼刃の言葉は、百戦錬磨の面接官にはすぐ露見してしまいます。

また、仮に入社できたとしても自分が持っていたイメージとのギャップにくるしみ、転職を繰り返す悪循環となりかねないのです。
必ず自分の言葉で転職の動機と、その企業を志望した動機を話せるようになっておきましょう。

ぼんやりと仕事を変えたい、と思っただけで実際に行動に移すのは時期尚早です。
仕事を変える目的や動機が定まらないまま転職活動をしても成功しないばかりか、現在の仕事も中途半場になるからです。

それは現在の仕事に関わる周囲の人に失礼な行為です。
何故転職したいのかが明確になり、志望する企業についてもしっかり下調べが終わったら、志望企業に入るつもりで実際の行動に移しましょう。

そうすれば自ずと結果がついてくるため、転職活動の期限も短くなるでしょう。

選考をクリアできなかったら問題点を洗い出して次回に生かす

自分がいくら経験とスキルを持っていると自負していても、広い世間では、もっと能力の高い人がいることもあります。

そういった人がたまたま自分と同時期に転職活動をしていた場合、比較の問題で能力が劣って見えることもあり得ます。

また、志望した企業から、スキル的には問題ないけれども自社には合わないと判断されることもあります。
そういう風に面接は自己研鑽だけではどうしようもないことも出てくるわけです。

選考をクリアできなかった場合は、いつまでも思い悩まずに書類に落ち度がなかったか、自己分析が甘くなかったか、企業研究は十分だったかなどを振り返り、問題点を洗い出してみましょう。

そして、洗い出した問題点を次に生かすべく行動しましょう。
転職活動で立ち止まってはいけません。

やらなければいけないことではないだけに、転職活動を放置すると単なる時間とエネルギーの無駄をしたということになってしまうからです。

志望する企業を3つまで絞りこみ、それが叶わなければ一旦仕切りなおす

転職活動を思い立った時、志望する企業を絞り込む時期になったら、候補の企業を最大3社までに絞りましょう。
そして、その3社に履歴書を送り、転職活動をスタートさせましょう。

3社に絞る理由とは、それ以上増えると各々の企業研究がおろそかになる可能性があること、転職活動を無駄に長引かせないことという2つの意味があります。

つまり、万が一いずれの企業の選考もクリアできなかった場合は、今は転職すべき時期ではない、と判断し、一旦転職活動を中止した方が良いということです。

自分の経験やスキルが不足している、志望企業が求める人物像ではない、あるいは、社会的に経済活動が停滞している時期だったなど、様々な理由がありますが、新卒が行う就職活動と違ってある程度ノウハウが分かっているはずの転職活動では、面接をクリアできない要因が単純なものではなくなるからです。

現在の職場でさらにスキルを磨き経験を積むか、新たに志望する職のために資格の勉強を始めるなど、別のポジティブな行動に時間を割く方が有意義と言えます。

1人での転職活動がうまく行かないと感じたら、プロの手を借りるのもいいでしょう。
つまり転職エージェントです。

転職エージェントに仲介してもらえば、選考を通過できなかった時でもその理由について、フィードバックが得られます。

そしてそれを具体的に分析し、次回に生かせるというわけですね。
1人での転職活動よりも、転職エージェントを利用するほうが時間を無駄にすること、つまり期限を長くする必要もないでしょう。