ブラック企業とホワイト企業を上手に見分ける方法



日本国内には数多くの企業が点在していますが、大きく2種類に分けるとホワイト企業とブラック企業があります。

ホワイト企業とブラック企業について、簡単に言えば企業としての健全性が高い企業のことをホワイト企業といい、そうではない企業のことをブラック企業と言います。

テレビや週刊誌などメディアではよくブラック企業について取り上げられることが多く、企業のある従業員が残業や休日出勤など、過酷な労働により、過労死したニュースを聞くと、胸が痛みますね。
このような企業のことをブラック企業といい、これから就職・転職活動を行う上でも、ブラック企業はできるだけ避けたいものです。

就職先や転職先を探す際に、応募する前にブラック企業なのかホワイト企業なのか、しっかり把握しておくと安心ですね。

給料が高い・休日が多いなど、勤務条件が良いので応募して入社したら、条件がまったく違い、基本給が少なくて残業手当や休日出勤が多く、休みがとりにくいようでは困ります。

就職・転職の前に、ブラック企業とホワイト企業を上手に見極めることができれば、失敗するリスクが少なくて済みます。
転職を成功させたいと思うのなら、ホワイト企業に入社したいと思うのは当然のことです。

ともすれば、有名な企業はホワイト企業で、知名度が低い中小企業はブラック企業が多いものだという見方をすることもありますが、必ずしもそうではありません。

ここでは、良質な企業をしっかりと見極めるために、ブラック企業にありがちな特徴についてご紹介しながら、ホワイト企業に入社できるように、わかりやすく解説していきたいと思います。

ブラック企業のおもな特徴

ブラック企業という言葉を頻繁に耳にするようになりましたが、世の中はすべて黒い企業だけではなく、白い企業、つまりホワイト企業もたくさんあります。これから就活・転職活する人は、とくにブラック企業への応募・入社は避けたいものです。

実際にブラック企業に分類される企業に入社している社員の中には、残業や休日出勤が多く、きついノルマが課せられることがストレスとなり、疲労から病気になり過労死するケースもあり、深刻な社会問題となっています。

まずは、ブラック企業の定義について、下記のようにわかりやすくまとめてみました。

そもそもブラック企業とは? その定義について

ブラック企業とは、その企業での労働者に対して、きついノルマを課す、または過酷な長時間労働を課す企業のことを言います。

パワーハラスメント(パワハラ)や残業をしてもその分の賃金が支払われないなど、給料に関するトラブルがあり、全体的にコンプライアンス意識が低い企業も、これに含まれています。

従業員に対して過酷な労働を強いる企業や、従業員を選別して使い捨てにする企業など、労働者に対して不当な扱いをする企業が、とくに近年は増加する傾向にあります。
つまり、企業の労働者権利が守られていない、企業の就労規則に反するなど、不当な扱いを受ける従業員がいるとしたら、ブラック企業と判断して良いでしょう。

もうひとつ、別の解釈もありますが、企業自体が暴力団など反社会的な組織とのつながりがある企業や、その企業自体が反社会的な集団が経営しているなど、このような企業もブラック企業に含まるものとみて良いでしょう。

従業員の激しい入れ替わりには要注意

ブラック企業のおもな特徴として、従業員の入れ替わりが激しいことです。
季節はずれに入社する社員もいれば、突然退職するなど、さまざまなケースがありますが、中途入社はとくに珍しいことではなく、退職するのも人それぞれさまざまな事情がありますが、あまりにも頻繁に多い場合は、ブラック企業である可能性大です。

ハローワークなどの公共機関で仕事を探していて、求人票を見る限りでは勤務条件も良いのに、長期間に渡り同じ求人票がずっと掲示されている場合は要注意です。

面接を受けて入社したものの、入社してから間もなく退職する人が多い場合は、企業の従業員に対する扱いが不当であることが原因で、退職した可能性が考えられます。

入社してもすぐに退職する理由として、求人票に書かれていた勤務条件とは違う、長時間の残業を強いられるなど、過酷な職場環境であることが原因かもしれません。中には、応募者の多くを採用したものの、過酷な職場環境に耐えられなくなり、退職させるというよりは自分から退職させるように仕向けることもあります。

夜遅くまで社員が残業している企業には要注意

ブラック企業かホワイト企業かどうかを見極めるには、求人票を見ただけでは判断がつきません。
口コミ情報を読むだけでは不透明な部分もたくさんあります。

気になる企業があれば、応募する前に1度、その企業に夜遅い時間に行ってみて、夜遅くまで窓が明るいかどうかチェックすると良いでしょう。

企業によっては、月末や決算時になると集中的に残業をすることもあり、数日間続くこともあります。

しかし、ふだんの日でもほぼ毎日のように窓が明るい企業は、社員がサービス残業をしている可能性が考えられます。
サービス残業とは、その名の通り、残業をサービスで行うこと、つまり残業をしても残業手当がつかないことを言います。

ブラック企業では、人件費を省くために1人の社員の労働時間が長く、1か月のうちに定時で帰れる日がほとんどなく、必然的に残業をすることもあり、時には休日にも出勤することもあります。

社内では日常的にモラハラやパワハラが行われている可能性も

企業に入社してみないとわからないことですが、企業によっては日常茶飯事でモラハラやパワハラが行われているところもあるようです。
パワハラやモラハラは、近年よく耳にするようになりましたが、どのような違いがあるのでしょうか。

パワハラとは?

パワハラとはパワーハラスメントのことをいい、従業員に対して立場や地位などを利用して、精神的な攻撃をする行為のことをいいます。
従業員に対して暴言を吐く、必要以上に叱責する、怒鳴り散らすなどの行為は、パワハラのおもな特徴です。

中には、従業員の持っている能力やスキル以上の仕事をするように要求して、無理な要求をすることもあります。

社内のイベントや飲み会などにその従業員だけ誘わない、挨拶をしても無視する、業務上必要な連絡をその人にだけしないなど、といった行為もパワハラに含まれます。

モラハラとは?

モラハラとはモラルハラスメントといい、パワハラともよく似ていますが、企業での立場を利用した嫌がらせがパワハラで、一般的に、とくに企業での立場を利用しない精神的な嫌がらせのことをモラハラと言います。

とくに、会社の上司が従業員に精神的な苦痛を与えるのではなく、自分よりもその会社や事業者では低い立場にあるパート従業員から新人の社員に対して、誹謗中傷をする行為、仲間外れにしたり、無視するなどがモラハラに相当します。

パワハラとモラハラは、とくに相手に対して暴力をふるうことはありませんが、言葉や態度で相手を誹謗中傷するのが特徴的です。

スローガンを掲げる企業には要注意

どの企業でも社風や社訓といったものが存在するとは思いますが、とくにブラック企業では精神論が重視される傾向にあります。
営業社員には、ノルマが課せられることがありますが、目標を達成するためのスローガンが掲げられていることもあります。

ブラック企業では、少ない従業員で毎日の仕事をこなしており、とくに営業社員には過酷なノルマを課すこともありますので、このような企業には要注意です。

働きやすいアットホームな職場を強調する企業には要注意

ブラック企業は、外づらが良くて内づらが悪い企業が多いものです。外面やメンツを常に気にしていて、「働きやすくてアットホームな雰囲気の会社」であることを前面に打ち出しています。

求人サイトや求人雑誌などで、明るい雰囲気で従業員が笑顔で映っている写真や仲が良さそうな雰囲気の写真が掲載されていることもありますので、注意が必要です。

ブラック企業とホワイト企業の違いはどう見分けるの?

これまでにご紹介したブラック企業の特徴については十分理解していても、それだけではブラック企業について見極めることはできません。
ブラック企業だけではなく、ホワイト企業も確かに存在しているので、それぞれの特徴の違いを知り、上手に見極めるポイントを知っておかなくてはなりません。

中小企業はブラック企業・大企業がホワイト企業という認識は今すぐ捨てよう

多くの人は、有名な大企業であれば健全に経営されており、ホワイト企業だと認識しているのではないでしょうか。
そして、特に名前も知られていないような中小規模の企業には、ブラック企業が多いものと認識している人もいますが、間違った認識をしていてはいけません。

一部上場の大企業でも、ブラック企業も何社かあり、優良な中小企業もたくさんありますので、中小企業はブラック企業・大企業がホワイト企業という認識は今すぐ捨てることです。

ブラック企業はどんな業界に多く存在しているの?

ブラック企業の実態を知り、その傾向をしっかりと把握するために、ここではブラック企業が多いと言われる業界についてご紹介しましょう。
とくに、ブラック企業が多いと言われているのが、飲食業や建築業、不動産関係です。

これだけではなく、まだまだたくさんありますが、クリエイティブ系やIT系、そしてアパレル系などもこれに含まれています。

もちろん、これらの業界のすべての企業や事業所が、必ずしもブラック企業ではなく、とくにこれらの業界にはブラック企業が多いという結果にすぎません。

建築業界や不動産業界では、給料やボーナスが高く、年収が安定しているように見えますが、ノルマが厳しく給料体系が完全歩合制となっている企業が多いようです。

とくに近年、深刻な社会問題となっているのが、飲食業です。
フランチャイズ化された飲食店などに多くみられますが、1店舗に従業員が1人または少数で、過酷な労働環境となっています。

クリエイティブ系の業界では、企業や事業所自体の経営に問題があるというよりは、高い完成度を求めており、納期が厳しくて締切前になると、職場に泊まり込みをすることもあります。
IT系企業についても、クリエイティブ系とよく似た職場環境であり、作業をしてもなかなか終わらない、残業や泊まり込み、休日出勤をすることもあります。

意外なことに一見華やかそうに見えるアパレル業界で、ブラック企業が多いと言われる理由について、社員の給料は少なく、多くの社員が自腹を切って自社ブランドの衣服を購入しています。

ブティックなどに行くと、社員がそのお店の洋服を着て接客をしていますが、洋服代が給料に含まれているのではありません。

ホワイト企業ではこのような特徴が多くみられる、またはブラック企業ではこのような傾向があるといった感じで、それぞれの特徴の違いで見分けることができますが、あくまでも傾向や特徴ですから、必ずしもそうとは言い切れない部分もあります。

それでも、ブラック企業とホワイト企業の見分け方について、知識として持っていれば、ブラック企業に応募・入社するのを避けて、良質なホワイト企業に転職する確率は大幅にアップすると思います。

ブラック企業については、ネットのニュースや週刊誌にもよく掲載されているので、自分から積極的に情報収集をするのも良い方法ですね。