絶対イヤ!ブラック企業を避けるためには?


ここでは、求人広告や求人情報でのブラック企業を上手に見分ける方法について、ご紹介しましょう。
求人情報や求人広告を見ていると、悪いことは書かれていなくて、どの求人を見ても良いことばかり書かれているので、良い企業と悪い企業を見分けるのは難しいですね。

良いことばかり書かれているからといっても、必ずしもその企業がブラック企業だと判断することはできません。
ブラック企業のおもな特徴として、誇大広告や大げさなフレーズが目立つことです。

求人情報に掲載されている年収の幅が広い場合は要注意

たとえば、求人情報でよくこのような内容のものをよく見かけることがありませんか?
「年収は400万円~700万円。未経験者大歓迎ですから安心してご応募下さい! 入社してからの頑張り次第でさらにそれ以上の年収の見込みもあります。」といった文章を目にすると、つい引き込まれてしまいますよね。

しかし、このような求人情報や求人広告を出す多くの企業が、実はブラック企業である可能性が高くなります。
とくに気になるのが、「年収は400万円~」と掲載されている部分ですが、実際にはこの金額よりもかなり年収が低くなり、給料やボーナス、休日など求人情報に掲載されていた内容とはまったく違う!と、入社した後になって気づき、退職するケースも珍しいことではありません。

学歴不問・未経験者歓迎など応募条件が緩やかなのが特徴

求人サイトや求人雑誌を見ていると、学歴不問・年齢不問・未経験者歓迎・実務経験なしでもOKといったように、応募条件が緩やかになっている求人をよく見かけます。

それを見て、「学歴や年齢、実務経験を問わないのなら自分でも応募できる」と思い、安易に応募する人もいます。

しかし、応募条件がこのように緩くなっている企業や事業所には注意が必要です。
だれでも応募できるので応募者は多いと思いますが、いざ入社してみると、従業員への扱い方が雑で、まるで消耗品のように扱われる場合もあります。

よく考えてみると、実際に仕事をするのに学歴や職歴、実務経験を問わない企業はそうめったにあるものではありません。

学歴がなくて未経験者を雇う企業は、ごく少数に限られており、ある程度の給料やボーナスなど、仕事としてのやりがいや待遇について、しっかりと保証してもらえる企業であれば、ある程度のスキルや実務経験がある人や、ある程度の学歴がある人を募集するのは当然のことです。

どんな人でも無条件に雇ってもらえるわけではないということを認識しておかなければなりません。

実力・成果主義などのフレーズには要注意

ブラック企業の求人情報のおもな特徴として、実力主義・成果主義といった言葉が掲載されていることです。
または、意味が同じでも他の言葉で表現されている場合もあります。

成果主義という言葉から、ある程度の成果が上げれば給料アップの可能性が見込まれるものと思うかもしれませんが、実際にはかなりハードルが高いきついノルマを掲げられ、それを達成できない場合は給料がアップしない可能性もあります。

営業経験が長い人でも達成できないような無理なノルマを課せられ、達成できないことを見込んで、最初からノルマを課せられる、これがブラック企業の典型的な手口です。

従業員がどんなに会社のために頑張って働いても何の見返りもなく、正当な評価さえもしてもらえません。
安い給料できつい労働をさせる、これがブラック企業の特徴です。

ブラック企業の典型的な特徴をつかみ、慎重・冷静に判断しよう

高給与・休日が多い、未経験者大歓迎、実力主義、成果主義といった言葉は、応募者から見ればおいしいフレーズであり、その企業につい応募したくなるものです。

しかし、このようなフレーズにこそ、ブラック企業の特徴が散りばめられているので、この段階でそれを見抜いてほしいものです。

求人情報に掲載された内容にけっして踊らされることなく、とくに心に引っ掛かった部分があれば、面接の時に直接質問して確認するか、事前にその業界について深く掘り下げてよくリサーチすることも必要です。

求人情報に掲載される内容については、一般的な内容や掲載すべき条件などもありますので、この部分をしっかり把握しておくことによって、不審な点があればすぐに気づくはずです。

転職活動をしていて、1日も早く新しい職場で再スタートを切りたいと気持ちがあせるばかりに、ともすれば目先の条件だけに捉われてしまい、入社してからすぐに退職するケースもたくさんあります。
転職活動でもっとも注意しなければならないのは、ブラック企業とホワイト企業をしっかりと見極めることです。

残業手当について確認してブラック企業・ホワイト企業を見極めよう

ブラック企業かどうかを見極めるための重要ポイントとして、残業した時間について残業手当がどのようになっているか、しっかり見極める必要があります。

毎月の給与に、見込み残業代が含まれていて、別に支払われない場合は、サービス残業をさせたい、つまりただ働きさせたいという理由からです。

残業については、法律に基づいて1か月のうちに最大で45時間までとなっていますが、企業によっては守られていないところもあり、さらに80時間を超える残業は過労死するほどのレベルに相当します。

残業や休日出勤など、時間外手当については、入社前に必ず確認をするのが基本です。

時間外手当について質問する時に、「仕事の内容や人によっても違う」など、はっきりとした返答が得られない場合は、とくに注意が必要です。

給与面ともうひとつ重要なことは、休日について質問しておくと良いでしょう。
年に何日の有給がもらえるのか、有給取得率や有給消化率についても確認しておくと良いでしょう。

裁量労働制の謳い文句に要注意! 実は厳しいノルマが課せられることも

あまり聞いたことのないフレーズですが、裁量労働制という言葉をご存知でしょうか。
仕事の進め方について、労働者側の裁量に委ねられる仕事について、労働時間を実労働時間で計算するのではなく、みなし時間で行うことを認める制度のことを言います。

裁量労働制には、厳しい基準が設けられていて、本人の承諾を得なければ、これを課することはできないことになっています。

しかし、ブラック企業の多くが、裁量労働制の謳い文句で、実際には厳しいノルマを達成することができなければ、従業員を帰らせない、給料が上がらないというのが現状です。

残業手当の基準がはっきりしているホワイト企業も存在しています

日本国内の企業は、中小規模から大規模な企業までたくさんありますが、大変残念なことに、残業手当が正しく支払われている良心的な企業はまだまだ少ないのが現状です。

その一方で、従業員の労働について対価がきちんと支払われているホワイト企業も数多くあります。

これから就職・転職するのに、ブラック企業には入社したくない、そんな会社で働きたくないと思うのは当然であり、優良なホワイト企業を選び、労働力を思い切り発揮したいものです。

ホワイト企業に入社して転職を成功させるためにも、残業手当について納得できるように、しっかりと確認する必要があります。残業や休日出勤など時間外労働で、手当がきちんともらえるのか尋ねても、説明の仕方が曖昧でわかりにくい場合は、残業手当がつかない可能性もあります。

尋ねられたことについて説明してもらえない、または言葉を濁すなど、なにか引っ掛かることがあれば、ブラック企業である可能性大です。

労働実態調査でブラック企業を見分ける

厚生労働省では、ブラック企業の実態について調査を実施しており、週刊誌やインターネットでも、ブラック企業に関する情報が多数掲載されています。

ニュースで従業員の過労死が問題となった企業や、残業手当など時間外労働について正当に賃金が支払われていない企業などは、ブラック企業大賞にノミネート、または大賞受賞した可能性があります。

ブラック企業大賞に関する情報は、パソコンやスマホのインターネットで閲覧することができます。
ノミネートされた理由についても解説されているので、企業の実態について詳しく把握することができます。

とくに近年は、ブラック企業に入社して過労死した社員や自殺、心の病にかかった人も多く、とても他人事では済ませられない状況となっています。
きわめて深刻な社会問題になっていますが、このようなブラック企業と関わらないための対策として、事前に情報を入手する必要があります。

企業が従業員を雇うことについては、従業員が働きやすい職場環境を整えるとともに、生活面をしっかりサポートして、健康で働けるようにする必要があります。

ひとりひとりの従業員が、高い労働力やスキルを発揮するためにも、それは企業の義務であり、使命であるとも言えるでしょう。

しかし、残念ながら、近年はとくに、不当な労働やノルマが課せられる、賃金が正当に支払われないなど、このようなブラック企業が増加する傾向にあります。

ブラック企業に関する情報を入手するとともに、企業の実態をしっかり把握して、不審な点があれば屈することなく、労働者としての当然の権利を得ることは当然のことです。

企業理念でブラック企業とホワイト企業を見極める

多くの企業では、それぞれ企業理念や企業の方針、社風などがあります。
企業理念については、その企業のウェブサイトを閲覧すれば、簡単に把握することができます。
企業概要・会社概要などのコンテンツを見ると、企業理念について掲載されています。

気になる企業があれば、まずはその企業のウェブサイトにアクセスして、企業概要や会社概要、コンプライアンスのページを閲覧してみましょう。

意味不明な企業理念、または企業理念自体がない場合は要注意

企業理念がない企業や、企業理念が掲載されていても、横文字が多く意味がよくつかめない場合は、ブラック企業である可能性が高いので、注意が必要です。

口コミや転職支援サイトを活用しよう

インターネット上に掲載されている情報がすべて本当のことなのかどうか、判断することは難しいですが、ブラック企業への転職を避けるための対策のひとつとして、転職支援サイトを上手に活用する方法もあります。

スピーディーに情報を入手したいのなら、これがいちばん確実な方法です。
ネット上には新しい情報が掲載されており、ひとつの転職サイトだけではなく、できるだけ多くのサイトから情報をキャッチしておくと良いですね。その中で、共通する情報がいくつか出てきたら、その情報は信用して良いと思います。

求人が掲載される時期でブラック企業を見分ける方法

新卒者の就職や中途での転職に関係なく、ブラック企業を見分けるために、転職する人を対象とした求人サイトをくまなくチェックすることをおすすめします。
とくに、求人が掲載されている時期や、掲載されてからどれくらい期間が過ぎているか、入念にチェックすることです。

離職率が高く、年中長期間に渡り求人が掲載されている場合はブラック企業の可能性大

ハローワークや求人雑誌、求人情報サイトなどに年中、同じ企業が掲載されている場合、ブラック企業の可能性が高いと判断して良いでしょう。

入社したものの、仕事がハートでノルマがきついなど、さまざまな理由で従業員が退職して、人材不足になり、すぐに社員を募集していることもあります。

求人数が増える時期はだいたい決まっており、季節外れに求人が出ていて、ずっと掲載されている場合は要注意です。

1年のうちに求人が増える時期はいつ頃?

求人が増える時期は、毎年3月から4月、9月から10月頃です。
とくに、3月と9月は、半期で退職した人の補充として求人を出しており、6月と7月は、どの企業でのボーナスが支給される時期ですから、退職した人の対応により、求人が増加することがあります。

ホワイト企業は働きやすい職場環境が整っているので退職者が少なく求人が少ない

そもそも今の世の中、なぜこのようにブラック企業が急増したのでしょうか。
よく考えてみたら、ホワイト企業では、従業員にとって働きやすい職場環境が整っていて、給与面ではもちろん、福利厚生が充実していて、従業員の生活面と健康面でしっかりサポートしてくれます。

だからこそ、安心して働き続けることができるので、離職する人が少なく、そのため求人を出す必要がほとんどありません。

そのように考えると、ブラック企業よりもホワイト企業のほうが、求人件数が少なくなります。
定期的に新卒者を補充していて、中途での採用もそれほど困難ではない企業であれば、ホワイト企業だと判断して良いでしょう。

ブラック企業をオープンにする

近年は、ブラック企業があまりにも増えてしまったこともあり、ブラック企業に関する社会的な問題がニュースや週刊誌で頻繁に話題になっています。
ブラック企業の存在がオープンになったことがきっかけで、その企業の売上にも影響して経営不振になるケースもあります。

もはや、ブラック企業をこれ以上見過ごすことはできないので、国も本格的に動き出し、世間一般にブラック企業の存在をきちんと把握して公表する流れとなりつつあります。

過重労働撲滅特別対策班 (かとく) によるブラック企業への指導

厚生労働省による「かとく」という組織についてご存知でしょうか。
「かとく」とは正式には「過重労働撲滅特別対策班」といい、これを省略した呼び方です。
近年は、違法な長時間労働を従業員にさせる企業が増えてきたため、かとくがブラック企業に対して指導を行うこととなりました。

かとくから指摘や指導を受けても、問題が改善されなかった場合は、その行の社員を書類送検するなど厳しい措置がとられています。

なによりも自分を守るための手段を心得ておくことが肝心

厚生労働省がついに動き出し、国をあげてのブラック企業の厳しい取り締まりが始まったものの、まだまだ完全にブラック企業がなくなるとまでには至りません。
ブラック企業については、これといった定義がはっきりとしていなくて、どこか曖昧な部分があります。

単なる企業のイメージや噂などでは、ブラック企業であるかどうか判断する材料にはなりません。

厚生労働省のか「かとく」によるメスが入った企業もありますが、まだまだそこまでには至らないものの、要注意とされる企業もたくさんありますので、自分の目と耳で情報をしっかりキャッチして、ブラック企業を見極めて、優良なホワイト企業に転職するには、自分で自分の身を守るための努力は今や必要不可欠ですね。

ホワイト企業を見極めるにはブラック企業の特徴をつかむこと

ブラック企業に入社・転職しないためには、当たり前のことですが、ブラック企業に応募しなければ済むことです。
そのためには、ブラック企業の特徴をしっかりと把握することです。

できるだけ多くのポイントから入念にチェックして、あらゆる角度から見て慎重に、冷静な判断することです。

しかし、ブラック企業はいかにもホワイト企業であるかのように、中身を見破られることがないように実にさまざまな手段で、その実態を隠しています。

ブラック企業と思われる企業があれば、さまざまな疑問点が出てくるので、不明な点を明確にして疑問個所をなくすこと。

ホワイト企業では、企業理念や経営方針がしっかりとしていて、従業員にとって働きやすい職場環境が整っています。
インターネットを大いに活用して、正確な情報を入手してホワイト企業の特徴やメリットをきちんと把握しましょう。